本当の「生」カシューナッツ

貴重な貴重な本当に非加熱のカシューナッツ届きました

普段売られている「生カシューナッツ」って実は生ではないのです

カシューナッツの生果は毒物を含むため、高温加熱による除去処理が必要で、生果のままでは中身を取り出しづらく、殻つきのまま、高温蒸処理を行い、殻を割り製品となっていくそう

でもこのパッケージ読んでみて

収穫後2週間天日干しすることにより、毒素を残さない

防カビ剤や農薬も不使用

カシューナッツを欲しい時にいつでも手に入る環境ももちろんありがたい

農薬を否定する気は無い

でもすごいよね

無農薬にすることで生産者さんの健康も守ってる

この低温圧搾発酵分離のバージンココナッツオイルだってすごいこだわりが詰まっている

これでつくっていただいたローチョコレートの美味しいことと言ったら・・・

これはねバリのローフードの先生である大橋ゆみこさんがつくっている製品

質はもうこれ以上ないような素晴らしいもの

そしてさらに彼女のすごいところは、あのカシューナッツで現地の方に仕事を生み

収益の一部で学校をつくろうとされていること

低賃金で過酷な労働で安く作られている製品はたくさんある

それを知っていながら私だって、同じ質なら安いものを手にしてしまう

無農薬のお野菜だってお米だって

本当につくってくださる方があってのもの

まだまだ大きな力にはなれないけど

できることきっとあるよね

まずは知るところから少しずつ