【料理リレー】

料理家の脇雅世先生 が発起人となってスタートした料理リレー。
食に関わる様々な方々が、家庭にある身近な食材を使って手軽に作れる1品をリレー形式で繋いでいくという企画です。

素敵な企画に参加させていただき、感謝しております。

以下 料理リレー発起人の脇先生からのメッセージです。

=================
世界中が危機感であふれている毎日です。
おうちで過ごす時間が増えた皆さんと料理でつながることができたらと思い≪料理リレー≫を試みたいと思います。
いつもお家にある材料で簡単に作れる一品をリレー形式で紹介します。わざわざ買い物に出なくても済む、料理作りのヒントになれば幸いです。
料理を生業とする私達から、ご覧いただいた皆さんがハッピーになることを願って。
================

私は、島生まれのローフード研究家の中川愛さんからバトンを受け取りました。愛さんはグリーンバナナ粉、Rawバーガー、Rawカレー、発酵餡子などの独自のメニュー、商品で、料理教室、イベント出店などをされている、大人気の料理家さんです。

私の講座では、生米からパンを焼いたり、スイーツをつくりますが、今回は食事にも子どものおやつにもなる生米を使った「ポテトパンケーキ」をご紹介いたします。

表面はカリッと香ばしく、中はもちもち!
生地はミキサーでガーッと混ぜるだけ
生の米からつくる美味しさを、ぜひ体験していただきたいです!

生米ポテトパンケーキ

直径25cm 1枚 または 直径15cm 3枚

【材料】
じゃがいも…100g
新玉葱…100g
生米生地…100g
油…適量

【生米生地の材料】(300g分の分量)
*ミキサーが回りやすい量
生米…150g
じゃがいも…50g
水…50g
好みの油…
大さじ1塩…5g

【生米生地の作り方】
1)生米を軽くゆすいで、3時間以上、分量外のたっぷりの水で浸水させる。(浸水後200g位になる)
2)浸水後の米をざるにあげ、よく水を切り、ミキサーに入れる。2,3cm角にカットしたじゃがいも、水、油、塩を入れ、なめらかになるまで撹拌する。

【生米ポテトパンケーキの作り方】
1)じゃがいもと新玉葱を千切りにし、ボールに入れる。
2) 1)のボールに生米生地100gを加え、お箸で野菜に絡ませるように混ぜる。
3)フライパンを温め、油をひき、生地を広げる。
4)4,5分、中火で加熱し、裏にこんがり焼き色がついたら、裏返し、さらに4,5分焼く。

熱々カリカリをそのまま食べても、挽きたてのブラックペッパーで、または七味と醤油で食べても美味しいです。

*今回は100gの生米生地が必要なところ、ミキサーが回りやすいよう、300gでつくります。
具材となる玉葱とじゃがいもも3倍にしていただいても、残り生地を冷蔵庫で保存していただいても結構です。
人参やニラなどを入れチジミのようにしてもおいしいです!冷蔵庫にある好きな野菜を混ぜて、オリジナルも楽しんでみてください♪

この料理リレーも5/6で終了ということで、バトンは回さず終えます。
この状況が落ち着き、みんなが笑顔で過ごせる日が早く戻ってくることを願っております。

#料理リレー
#stayhome

【私の好きな料理本リレー】

主婦と生活社 の @ryourinohon さんから始まった #料理本リレー。

料理家・カメラマン・スタイリスト・デザイナー・ライター・編集者など料理本に関わる方々が料理本を紹介、バトンを繋ぐ企画です。

好きな料理本2冊と、自分の手前味噌本1冊を紹介します。
私は 重ね煮料理家の 藤原 恵美子 (Emiko Fujiwara) さんからバトンをいただきました。

■『CUCINA VEGETALE』 
アッラ クチーナ デル ソーレ 伊崎裕之 柴田書店

8年前、全く予期せぬことに、自宅での食事がヴィーガンに変わる。何を作っていいかわからず、とにかく野菜だと思い、書店で何時間も悩み1番惹かれて手にした1冊。
この本はヴィーガンではないが、素材の組み合わせ、シンプルな野菜の生かし方、野菜が主役の料理ができることを学んだ本。

■『Vegan love story』 
HILTL&TIBITS THE COOKBOOK
New Internationalist

ロンドンの「TIBITS」というVegetarian & Vegan restaurant
でいただいたお料理が美味しくて、その場ですぐ購入した本。
滞在中はローフード、ヴィーガンの料理を毎日食べ歩いていたが、帰国前にどうしてももう1度食べたくなり、唯一2回行ったお店のレシピ本。
カジュアルに入れて、たくさん並んだお料理から好きなものをとり、その重さで支払うシステム。すごい品数にも関わらず、1つ1つのお料理がちゃんと美味しくて感激。
本の写真もとっても素敵で、見ているだけで幸せな気持ちにに。作れば尚いいが、英語レシピはなんとなく、夫がつくる担当に。

手前味噌枠

■『はじめての生米パン』
生のお米をパンに変える魔法のレシピ
リト史織 光文社

生のお米からつくるパン。
ふわっふわ、もちもち、焼いたお米の香ばしさ。
はじめて焼きたてを頬張った時のおいしさは、忘れられない。
作り方は、浸水させたお米と一緒に材料を全てミキサーに入れて、ガーッと混ぜるだけ。
とにかく簡単に、カラダに優しいものをつくれたら、という思いから生まれたパン。
この状況でも、家にあるお米でパンが焼けます。
少しでもたくさんの方に、生米パンのおいしさを味わってもらいたい。
そして笑顔で過ごしていただけますように・・・

頂いたバトンは, Tomoko Koike 小池知子さんにお繋ぎします。知子さんは、そばの実カフェ『sora』のオーナーであり、大人気の蕎麦粉・そばの実を使ったスイーツやパン、お料理の教室開催されています。

「cakes」 連載レシピ

メレンゲいらず!ミキサーで混ぜるだけ!「生米シフォンケーキ」。
ふんわりふくらむ生地の秘密はちょっぴり加えた大豆にあります。

大豆の乳化性と、気泡性を利用したレシピなので、
とにかくしっかり撹拌がポイント!

モチっとふわっと新しいシフォンケーキを楽しんでみて下さい♪

レシピはこちらから

生米スイーツレシピもたっくさん!
初著書も「はじめての生米パン」発売中。

「cakes」 連載レシピ

常に満席でキャンセル待ち状態が続いていた「生米フォカッチャ講座」。
そのレシピをご紹介しています!

ふわっふわの秘密は5粒!
基本の生米パンとはまた違った食感をぜひ楽しんでみてください♪

レシピはこちらから

生米スイーツレシピもたっくさん!
初著書も「はじめての生米パン」発売中。

「cakes」 連載レシピ

普通の生米パンが作れるようになったら、具材を入れて作ってみませんか?
素材がコロコロ入っていて見た目も可愛く、栄養価もアップします。

生地は基本の生米パンと同じなので、とっても簡単!
好きな具材を混ぜて焼くだけ♪

お子さんと一緒に作れるカンタンさなので、ぜひ一緒にチャレンジしてみてください♪

レシピはこちらから

生米スイーツレシピもたっくさん!
初著書も「はじめての生米パン」発売中。

「cakes」 連載レシピ

今回はみんなが大好きシナモンブレッド
甘いシナモンの香りがたまらない、手土産にもおもてなしにも♪

生地は基本の生米パンと同じなので、とっても簡単!
ぜひお子さんと一緒にくるくるっと、シナモンシロップを混ぜてみてください♪

みんなでつくったパンで、ゆっくりお家ベーカリーを楽しんでみては

レシピはこちらから

生米スイーツレシピもたっくさん!
初著書も「はじめての生米パン」発売中。

「cakes」 連載レシピ

今回の生米レシピも先週に続きスイーツ!
定番チーズケーキも生米からつくっちゃう♪

チーズが大好きで、チーズの料理とケーキのお店で働いていたことがある私が、チーズを使わずにつくったチーズケーキ♪

植物性の素材だけでつくる優しいスイーツ
お子さんと一緒につくってみませんか?

レシピはこちらから

生米スイーツレシピもたっくさん!
初著書も「はじめての生米パン」アマゾンで予約受付中です。

「VERY」生米パンレシピ連載

「VERY」さんで4回に渡り、生米パンレシピの連載をさせていただきました♪

第4回はふんわりパンケーキ♡
パンケーキはガーッとミキサーを回し、フライパンで焼くだけ!
とっても簡単で、とびきり美味しいパンケーキをぜひお家で楽しんでください♪

第3回のマフィンは作っていただけましたか?
素材の優しい甘みが感じられるマフィンは楽しいおやつの時間にぴったり♪

ぜひお子さんと一緒に作ってみてください♪

「cakes」 連載レシピ

今回の生米パンレシピはスイーツ!
何度も何度も試作を繰り返したこだわりのガトーショコラ!

一瞬このレシピは出さないでおこうかな・・・
と思ってしまったけど、
やっぱりこれもたくさんの方に作っていただきたいので公開します!

最高のガトーショコラ楽しんでください♪
レシピはこちらから

生米スイーツレシピもたっくさん!
初著書も「はじめての生米パン」アマゾンで予約受付中です。

重版!!3刷が決まりました!!

2月20日に発売になりました初著書「はじめての生米パン」
おかげさまで3刷が決まりました!!

1ヶ月を前に、まさかの3刷り・・・
本当にたくさんの方に応援していただいていることを、改めて感じております。


これも本を手にしてくださった方々の日々の美味しそうな投稿。
書店さんや、取次さんの宣伝。
出版社の皆さんのサポート。
そして何もわからない私を、根気よくサポートしてくださっている担当編集さんの力。

本当に信じられないくらいたくさんの方に支えていただいていることを毎日感じながら
日々を過ごしております。

まだまだやるべきこと、やりたいことがたっくさんあります!!
予定外で学校が休みになった娘たちとの時間も大切。
自分のやりたいことに打ち込む時間も大切。
日々そのバランスに悩みながら、ゆっくりだけど進んでいます。
両方があっての私。

コロナの影響でスタジオのオープンもまだ様子をみています。
講座に関するたくさんのお問い合わせを頂きながら、もどかしいのですが、
焦らず、皆さんが安心して来ていただけるようになってからと考えております。

それまでは皆さんからのご質問を元にQ &Aを充実させたり、新しいものの開発、
そして新しいお仕事の準備などを一生懸命してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!